危険なストレッチ

| 未分類 |

 

 

ストレッチと一口に言いましても、難しいですね。どれが正しい方法なのか、なかなかわかりづらいところがあるかもしれません。基本的には、お風呂上りなど血行が良くなった状態であることがベストで、その上で、呼吸をしながら痛くないところまでゆっくり筋を伸ばすということが大事になってきます。痛くないところまでゆっくり、というのが大切なポイントです。

 

なぜかと言いますと、痛いけれど伸びているからと無理に推し進めることで、縮こまって固まっていた筋肉や筋に負担が掛かっていると体が言っているにも関わらず無視していることになるからです。積もり積もった腰の痛みの原因を、1回のストレッチで改善できるとは思わず、根気強く付き合っていくことが求められます。最初は思うように伸びないかもしれません。

 

すぐに腰の痛みに効果があるわけではないかもしれません。しかし、やらなければ始まりません。今以上に悪化させたいためのストレッチだと考えていただくといいのではないでしょうか。腰の痛みが日常生活を逼迫させるほどであるなら、すぐにでも取り除きたいと思われる方も多いでしょう。しかし、専門家ではないので、専門知識もないままに行うことが危険であることもご理解ください。